電話075-645-0330 FAX075-645-0660

〒612-0029 京都府京都市伏見区深草西浦町6-53-1

地図
診療時間
9:30~11:30
14:00~16:00
(言語聴覚外来)
16:00~18:00

△…言語聴覚外来は予約が必要です。
※休診日は木曜、日曜、祝日、第2・第4 土曜日になります。
※受付は、それぞれ30分前から始めます。

京都市の耳鼻咽喉科・補聴器・幼児難聴・言語聴覚障害・言語聴覚療法・きこえとことばの障害

補聴器ショップかめかめ
Mobile site 左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧いただけま

耳の不自由な方はお申し出下さい診察室までらくらくバリアフリー補助犬の同伴受け入れております。

院長コラム

HOME»  院長コラム

院長コラム

  • 件 (全件)
  • 1

役に立つ補聴器を手に入れよう

“聞こえ”のしくみ
きこえないということを良く知るには、まず耳のしくみを知ることが大切です。
音は空気の振動として耳介で集められ、耳の穴(外耳道)に入り、鼓膜を振動させ、中耳にある小さい3つの骨(耳小骨)によって内耳に伝えられます。内耳は硬い骨に覆われていて、音を感知する蝸牛(かたつむり管)があります。蝸牛は3つの部屋に分かれていて、それぞれリンパ液で満たされ、中央の部屋(蝸牛管)に音を感知する細胞(毛があるので有毛細胞と呼ぶ)があります。有毛細胞は振動という機械的な信号を音の高低に応じて電気信号に変える役割を担っています。電気信号は聴神経によって有毛細胞から大脳に伝えられます。

難聴と言っても色々ある
一口に難聴(きこえない)といっても実に様々で、聞こえの程度だけでは理解できません。難聴の原因がどの部位の障害で起こったのか(伝音難聴、感音難聴、混合難聴)、障害が何時起こったのか(先天性難聴、中途失聴)、聴力の形(高音障害、低音障害)などによって難聴の意味が大きく変わります。”役に立つ補聴器を手に入れる”には、この診断が特に大切です。

役に立つ補聴器を手に入れるには
I.先ず耳鼻咽喉科医へ・・。
きこえが悪くなったと思ったり言われたりしたら、先ず耳鼻咽喉科を受診することが大切です。耳鼻咽喉科では、難聴の原因や程度を診断して、補聴器適応の可否を判断します。適応があると判定した場合には、補聴器適合検査を行い、耳に合った補聴器の選定を行います。(日本耳鼻咽喉科学会では、平成17年度から専門的に補聴器相談に対応できる補聴器相談医を養成し認定しています。)

II.補聴器販売店へ・・。(耳鼻咽喉科医に認定補聴器専門店を紹介してもらうことが最良)
補聴器販売店では、耳鼻咽喉科医の検査成績を基本に適当な補聴器を選定します。この場合すぐに購入しないでください。その補聴器を2週間ほど貸し出してもらい日常生活で試聴した結果、納得して購入することが大切です。

III.耳と聴力の管理と、補聴器の管理・・。(残念なことにこれがほとんどなされていない)
補聴器を使っていて聞こえなくなることが良くあります。この場合、補聴器に原因があるだけでなく、耳に原因(耳垢など)があることが多いです。そのため、先ず耳鼻科医に相談することが大切です。補聴器をお使いの方には、気楽に相談できる「かかりつけの耳鼻咽喉科医」を決められることを是非お勧めします。

2014-08-21 13:26:07

耳の日について

私の所属している日本耳鼻咽喉科学会では、難聴者のために少しでもお役に立ちたいとの願いをこめて、1956年に3月3日を「耳の日」と定めました。以来、日本医師会・厚生労働省・文部科学省・その他関係機関の後援のもとに、「耳の日」を、耳を大切にする運動の日として、その啓発に積極的に取り組んできました。今日では、3月3日の「耳の日」は、広く我が国に定着し、カレンダー、日記帳あるいは国語辞典の見出し語にまでなっています。
近年、難聴の診断・治療に新しい手法が確立され、人々の健康の増進、福祉にも大いに役立っていますが、高齢社会の到来により、老人性難聴とそれに関連した補聴器フィッティング、人工内耳手術の普及による適応と関連する社会的問題、遺伝性難聴の診断向上に伴うカウンセリングに関連することなどが大きな問題となってきました。人工内耳、遺伝性難聴とも関連して、新生児聴覚スクリーニングをどう行っていくかも大きな問題となっています。
このように、耳を取り巻く環境に、どう対処していくか、検討しなければならない課題はまだまだ多くあります。来る2008年3月3日には、53回「耳の日」を迎えます。
日本耳鼻咽喉科学会京都府地方部会では、京都府耳鼻咽喉科専門医会と京都府医師会との共催のもとに、第53回「耳の日」を記念して、耳の相談会や耳と補聴器の相談会を行うと共に、3月2日(日曜日)にはシルクホールにて広く京都府民を対象に公開講演会を開催いたします。特に今年は私大山が「役に立つ補聴器を手に入れよう」と題してお話をいたしますので、時間のある方はシルクホールにお越しくださればとてもうれしいです。

2014-08-21 13:23:04

聴覚障害者に対するコミュニケーション方法

私は京都産業保健推進センターの相談員を務めています。
推進センターでは毎月メールマガジンを発行していますが、11月1日号にて「聴覚障害者にとって働きやすい職場」と題して投稿しました。非常に長い文章ですのでその中から、「聴覚障害者に対するコミュニケーション方法」について記載した部分を紹介いたします。
障害者は身体障害者、知的障害者、精神障害者の3つに大きく分けられますが、聴覚障害者は、視覚障害者、肢体不自由者等と共に身体障害者の中に分類されています。「聴覚障害」と一口にいっても実に様々で、難聴者の「聞こえ」を理解して頂くことはかなり困難です。
難聴には3つタイプがあります。伝音難聴、感音難聴、混合難聴です。伝音難聴は鼓膜に穴が開いたり、鼓膜の振動を内耳に伝える耳小骨の障害により聞こえにくくなった状態で、補聴器で音量を大きくしてやると、比較的よく言葉が判別できるタイプです。感音難聴は内耳(蝸牛)から脳の間の障害により聞こえにくくなった状態で、補聴器の音量を上げても、音声が「音」として聞こえてもはっきり言葉として聞き取ることができず、何を言っているのか良くわからないタイプです。混合難聴はこの両者が混ざっているタイプです。
「耳がきこえない」という障害は、肢体不自由や視覚障害のように外から見ただけでは全くわからず、耳栓やヘッドホンなどで疑似体験したとしても実感はあまりわからない障害で、聴覚障害者と音声言語でコミュニケーションすることにより始めてその障害を認識する障害です。
テレビドラマなどの影響もあり、一般の人には「聴覚障害者」=「手話」という固定観念が強いようです。しかし難聴者に対して、「職場でのコミュニケーション方法」を調査したアンケート結果「第10回全国中途失聴者・難聴者福祉大会(京都市)平成15年10月」によりますと、聴覚障害者が同僚等(健聴者)の話しかける時のコミュニケーション方法は、音声(口話)が66%、筆談が19%、手話が14%であり、逆に同僚等が聴覚障害者に話しかける時には、音声(口話)が65%、筆談が27%、手話は17%です。また、聴覚障害者が希望するコミュニケーション方法も音声(口話)と筆談が43%で、手話が35%です。この結果は、聴覚障害者のコミュニケーション手段としては、手話だけでなく口話、筆談も同程度以上に利用されていることを示しています。
ここで、聴覚障害者のコミュニケーション方法について簡単に紹介したいと思います。コミュニケーションン方法には、手話、身振り・ジェスチャー、筆談、口話、読話、補聴器などがあります。
まず手話です。最近は手話も言語の一として認識されています。しかし健聴者は自然と話し言葉が身につきますが、手話は訓練しないと身に付きませんので、聴覚障害者となってもすぐに手話が使える訳ではありません。したがって聴覚障害者であっても手話を使えない人が大勢いることを知っておいてください。
次に身振り・ジェスチャーです。聞こえる人は手話を知らないのが圧倒的ですので、身振りなどを工夫して聴覚障害者に伝えることもある程度有効です。
次に筆談です。手話を十分使いこなせない聴覚障害者にとっては文字情報がとても重要です。紙と鉛筆さえあれば筆談はできますので簡便で有効な方法です。
次に口話(耳で聞き取り、音声で話すこと)です。聴覚障害者の発音能力や発語明瞭度は失聴時期により異なります。健聴者は自分の言葉を自分の耳で無意識にフィードバックして音声を修正しているのに対して、聴覚障害者はそのフィードバックが困難なため発音の明瞭さにかけることがあります。言語獲得前に失聴した幼児はそのために聾学校などでの口話訓練を受けているのです。
次に読話(口の形を読み取ること)といって口の形や動きで言葉を読取る方法です。テレビドラマで聴覚障害者が相手の話している内容を口の動きだけで理解しているシーンが良くありますが、誰しもが出来るとは限りません。読話だけでは十分に理解できないので筆談、手話、身振りなどを併用することが大切です。
最後に補聴器についてお話します。聴覚障害者で補聴器を装用している人は多いですが、装用しているからといって、必ずしも良く聞こえるとは限りません。補聴器はあくまで「補助」にすぎませんので、補聴器を装用している聴覚障害者に対しても読話、口話、筆談などを併用することが大切です。
以上、いくつかの方法を紹介しましたが、聴覚障害者の聴覚障害は実に様々ですので、夫々の聴覚障害者にあったコミュニケーション方法を利用することが大切です。

2014-08-21 13:22:10

  • 件 (全件)
  • 1
このページの先頭へ